「女性と俺は・・」の感想

*作品に戻る   *一覧に戻る   *削除・編集


No.3   投稿者:PN-S   投稿日:2009-06-01 22:50
おそくなりました。

空様

スーって言う人はいつも女性と言うより友達・・いや時間を駆け抜けて
いるようで中々振り返る事ができない人だったんでしょう。
仕事もいつもハードだし・・
男の言い訳は山ほどあるけど
空さんの「愛されるべきひと」という言葉が身にしみます
温度差があるのだろうな〜とずっと昔感じた事がありました。
そんなことを考えつつ彼スー。
カイの彼女にいわれてえ???っといいながら
カナリびっくりした?ショック?時々いいのかもしれません・・(爆)
トニーさんうまい!

ミユさんへ

読みやすくてよかったです〜
ちょっと意外ですか?・・これはある事を思い出して
きっとこんな思いがずれているのかなとおもい
スーに情けない男性として書かせていただきましたが
言われて気づく彼もまた多分純なんだろうな・・
そんな心が残っているんだろうとおもいかきました
いい年こいて・・・というかんじですが
邑はそれだけ修羅場を潜り抜けて男性をみてきたのです・・きっと
彼にとって女性とは女神であり、支えである・・
普通で普通でない環境で生きてきてはっと感じたのはあると思います


空さん ミユさん かんらんありがとうございました。

No.2   投稿者:ミユ   投稿日:2009-05-26 14:44
面白かった!!!それに読みやすかった!!!
PN−Sさんが男女の心情の違いを、こんなに繊細にしっとりと書くなんて・・・
意外で、すごくびっくりしました(笑)

邑のセリフは粋ですね♪カッコイイ!
「男の人だと思うわ、目がいいもの」
なかなかこんな風にいえる女性はいないと思います。
よほどの修羅場を潜り抜けてきたんでしょうね。

それにくらべてスーが、今回はちょっとかっこ悪いのがまたいいですね(笑)
ランに責められて、逆切れして泣くなんて・・・子供か!
「俺にそんな余裕があったか?」って、そういう問題じゃないでしょ!
と突っ込みつつ、スーがメソメソ泣いてたら、きっと誰もそれ以上責めたりできないんだろうな。
とっても楽しませていただきました!

No.1   投稿者:空   投稿日:2009-05-26 00:28
そうですね〜愛に嫉妬はつきものかもしれませんね(笑)
男と女の永遠のテーマですもんね・・・

そういえば、投名状のパンフレットに『三角関係』について書かれていましたね。
スーは、葛藤しない人間??
そして邑さんと愛蓮さんは安定した葛藤の持ち主??

彼女たちが状況を壊すことは無いでしょうから、
もしも壊すとしたら、スー自身なんでしょうね・・・
でも、それもなさそうですけどね(笑)

シャマラン監督の映画に出てくるのですが、
男と女の関係って、必ずどちらかが追いかけていて、
どちらかが追いかけられている・・・あなたはどっち??という場面があるのです☆
単純だけど真理だな☆と、思いました(笑)

追いかけている人がある日突然追いかける事を止めてしまったら、
その瞬間にその関係は終わってしまうんです(爆)

スーは、『愛されるべき人』
スーの周りにいる人たちは『愛する人』なのかもしれませんね♪

男と女の温度差はたしかにあるでしょうね・・・
なにせ遺伝子が違いますからね・・違う人種ですもん(笑)

でも、永遠に理解し合えないからこそ、愛おしいのかもしれません(爆)
愛と嫉妬について、考えさせられる作品でした☆ありがとうございます♪

総レス数 3
感想記事編集  PASS 編集 削除

お名前(必須)
E-Mail(任意)
URL(任意) http://
メッセージ
削除用パス    Cookie 


*作品に戻る   *一覧に戻る   *削除・編集

COPYRIGHT (C) Jet Li Fansite 天照庵