お陰様で5周年
  作者: 小太郎   2012年03月19日(月) 16時40分10秒公開   ジャンル:お知らせ





事の始まりは、天照庵一の才女しゅうさんと、天照庵一のお調子者の小太郎が、
あろうことか天照庵啓示板にて脳内に溜まった妄想をぶっ放してしまったことでした。

しゅうさんはすでに庵では常連様でしたが、小太郎はまだ訪れて二ヶ月ほどの新参者。
あぁ・・それなのに、当時の小泉首相の小泉劇場を真似て、小太郎劇場などとスレッドを立て長々と妄想話を繰り広げてしまって。。。
今思えば、恐ろしくて恥ずかしくて穴に入りたいほどでございます。

住人たちの勝手な暴走に困り果てた(?)管理人の天照さんが、
わざわざ場所を提供してくださり、小太郎劇場が生まれたわけです☆

小太郎は当時の住人様方がとてもノリが良くって、優しく受け入れてくださったのをいいことに、すっかり舞い上がってしまってやりたい放題でした。
しかし、こうして振り返ってみますと小太郎はただただ単純に喜んでおりましたが、しゅうさんが一緒にやってくださったことや、住人さんたちの温かい心遣いがあったからできたことなのだと今さらながら気付かされ、自分のお気軽さに恥じ入る次第でございます。


あれからもう5年も経っちゃうのですね☆

そして今もこうして続いているということは、それだけみなさんの連杰に対する思いの深さや、
天照庵に対する愛情を感じずにはいられません。


たくさんの方が通り過ぎていきました。
一時の感情で盛り上がったりもするでしょう。
でも、それでいいと思うのです。
実際、小太郎も当時は溢れるように妄想が広がっていましたが、
今はなかなか出てきません。
私たちは、ただただ連杰が好きで、愛情で溢れていました。
その溢れた愛を言葉に替えたのが『劇場』なのです。

けれど、愛は時と共に形を変えてゆくものです。
劇場もそうやってたくさんの愛を受け入れ、波に揉まれながら5周年を迎えました。

たまには『作品集その2』もご覧になってみてください。
実は、そこにも宝物がいっぱいです☆
劇場作品はすでに千を超えております。
ちょっと、クラっとしますでしょ(笑)
どんだけみなさん連杰が好きなんでしょう( *´艸`)



5周年という節目を迎えて、
皆さんから見た劇場をお聞かせください。
どんなことでも構いません。
感想欄に、つれずれに感じるままに書いてくださいませ。

その言葉を励みに、また6年目も歩んでいきたいなって思います。

これからも、ずっとずっとジェット・リーを愛してゆきましょう〜〜♪


*作者からのメッセージ
作者からのメッセージはありません。
※作品内の画像・背景画像は作者様のもの(一部劇場のもの)です。お持ち帰りされる際は作者様に許可をお取り下さいませ(合掌)

*一覧に戻る   *感想を見る   *削除・編集

COPYRIGHT (C) Jet Li Fansite 天照庵