「破約」の感想

*作品に戻る   *一覧に戻る   *削除・編集


No.9   投稿者:ゆい   投稿日:2012-04-04 23:29
>小太郎さん

素敵な本を紹介して下さって、ありがとうございますvv
いま、こういう状態だからこそ・・・なるほど、それはかなり
ジーンときそうです・・・!今度図書館で探してみますね〜☆

No.8   投稿者:小太郎   投稿日:2012-04-03 22:27
ゆいさん☆

朱雀は裏表のない正直な奴です♪
女性の好みがちょっと変わっていますけど。(ウフ)

小泉八雲をまだお読みになっていないのですねー。
是非ともオススメ。

小太郎は今、「日本の面影」という本を読んでいます。
日本が大大大好きなハーンさんが、日本をべた褒めしている内容なのですが、
私達日本人が忘れていた日本を思い出させてくれるような、
美しい日本が描かれています。

いま、こういう状態だからこそ、胸にジーンときちゃう一冊です。
機会があったら見てみてくださいませ。



No.7   投稿者:ゆい   投稿日:2012-04-02 22:07
面白かったですー♪こういうホラーは好きかも知れません(笑)

最初は余裕だった朱雀さんが、ちょっと怖がってるとこが
可愛らしいですね☆

この女の人、怖いというより可哀相だなあと思いました。
後妻さんも可哀相。男がダメです!(笑)再婚するまえに、
お墓を庭から他所に移せばよかったのに。←そういう問題じゃない?

小泉八雲って、読もう読もうと思いつつ、実はまだ
ちゃんと読んだこと無いんですよ〜。教科書なんかで
ちらっと見て、読んだ気になっちゃって後回しになる感じ(笑)
でもこのお話を読んで、ちゃんと読む気になりましたです♪

No.6   投稿者:小太郎   投稿日:2012-03-24 20:35
すけさん☆

ええ?
怖かったですか?ご、ご、ごめんなさい(;´Д`)

すけさんも脳が男脳なんですね♪
きっと小太郎と同じかもです。
だって小太郎も“着てはもらえぬセーターを寒さこらえて編んでます〜♪”が苦手なのです。。。。。。

このお話のことを言いますと、
若妻の方は本当に気の毒と思うのです。
彼女には何の落ち度も無いのにひどい目にあって・・・。

小太郎がとても気になるのは、
この元妻さん「夫に訳を話してはならぬ」と言うでしょ。
好きな人にはいい女でいたいのでしょうね。
夫の前では、決して女の醜いところを見せまいとする。
そこのところが、なんといいましょうか、可愛いと感じてしまうのです。
やっぱそれって男脳なのでしょうか(笑)

そして許してしまう男って、しょうもないなぁ〜〜なんて思ったりして。

怖いお話って、人間の本質が覗けたりして面白いですよ☆



まゆさん☆

あれれ??
まゆさんは、青龍が好きだったんじゃなかったでしたっけ?(勘違いでしたか?)
朱雀は別に可哀想な目にあってる訳じゃないでしょうに・・・・・。

『HERO'S』では、四兄弟がそれぞれに違う性格を意識して書いてますので、
朱雀は白虎とはまた別な意味で女性関係が激しい(*´ェ`*)
そんなお気軽な三番目の朱雀に、ちょこっと女の怖さを教えて差し上げました(笑)

小泉八雲がけっこう好きなんです。
八雲ってどこからきたのかと調べましたら、

八雲立つ出雲八重垣妻籠めに八重垣作るその八重垣を

ヤマタノオロチを退治したスサノオノミコト(須佐之男命)の詩から取ったそうです。
強いうえに、とても愛妻家だったそうです。
萌えますね(ノω`*)


No.5   投稿者:まゆ   投稿日:2012-03-22 16:06
怖かったよ〜〜〜(T_T)

小太郎さんが書く目に浮かぶ情景がめっちゃ怖かった。
「男は頭で考え、女は子宮で考える」そんな感じでしょうか?

私は朱雀が好きなんだから、あまり可哀そうな目に合わせないで
欲しいです(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

No.4   投稿者:すけさん   投稿日:2012-03-21 14:44
小太郎さん・・・
小太郎さんが大丈夫、怖くないよっておっしゃるから・・・読んじゃった(T_T)
めちゃ怖いよう〜〜(T_T)

女は怖いですな〜・・・いやあ、全く・・・
脳から違うとしたら、もしかしたら、すけは男脳かもしれないです(^_^;)

「天城越え」を歌う石川さゆりが、めちゃ怖いと思うことがあります。
なんか共通してような(^_^;)

遊郭の怪しい感じがする中で話されるお話だから、さらに怖い。
小太郎さん、演出が上手いですね。

日本の遊郭も出世してる花魁は大名をお相手にするぐらいなので、生半可な教養人より、いろんなことに長けていたとかいいますよね。色香だけでは女も出世できんのでしょうね(^_^;)

No.3   投稿者:小太郎   投稿日:2012-03-21 08:21
今回はちょっと反則気味でございました。
でも、かなり前から使ってみたくて、チンユンとリィエンとか、改心前の元甲さんと愛人さんとか、色々シチュを考えてみたりして(笑)
ギリギリになって突然、朱雀(赤無名)が降りてきたのでした☆


昔っからこういうちょっと怖いお話が大好きなのです。
「破約」はかなり前に読んだお話ですが、最後の「あなたは男だからそう思うのよ」ってところが妙に心に残っていたのです。


神湖さん☆

神湖さんはよ〜く分かるのですね☆
小太郎は男女では頭の中が別ってことはわかるんです。
例えばエロの感覚が違うとかね(笑)

でもこのお話の女の情念っていうのはよくわかんないかも。
というのも、あまり執着しないタイプなので・・・(;-ω-)ゞ

なので、このお話の最後にあるんですが、小泉八雲さんの奥様であるセツさんが、
「あなたは男だからよ」と言ったとき、きっとニヤッとしたのではないかと思うと、そっちのほうが女は怖いわ〜〜〜と思ったりしたのでした(笑)


れんふあさん☆

>男には情念ってものが分からずに最後の判断を誤るよね

↑これすごくリアルで強烈です(爆)

上手く赤無名に絡まってましたか?
それが何より心配していました(笑)

中国の風俗(遊郭的なの)歴史がどんなのだったか調べるのにえらく時間がかかってしまったんですが、「ウォーロード」のリィエンが“商品として仕込まれた”って言ってた意味がちょっとわかりました。
それとか、小太郎はジェイ君の歌が好きなんですが、その一つに『髪如雪』っていうMVがあるのです。http://www.youtube.com/watch?v=2BkP9hsk0V8
この様子とか、やっと理解できたのです♪

そんなこんなで、最近はお話を書くにあたって背景を調べるのが楽しい小太郎です♪
れんふあさんほどキチンとしたものは調べられませんが、
こんなのもいいものだなぁ〜〜と思うこの頃です(笑)

No.2   投稿者:れんふあ   投稿日:2012-03-17 16:02
八雲だなあと思いながら読んでいて、ホラーと言うよりオカルトだな、と。

でも、男と女の話に目を向けると、やっぱりホラーだな!と(笑)

男には情念ってものが分からずに最後の判断を誤るよね、と納得してしまうお話を、上手く赤無名に絡ませて、さすがです。

No.1   投稿者:神湖   投稿日:2012-03-17 13:41
小太郎さん☆彡

「ホラー」は苦手ですけど、「怪談」は好きなんです。
女と男の考え方の違い。
わかりますね〜〜〜、神湖はわかります。

男を殺すのではなく、女を亡き者にする…ってことですよね。
女の執念、情念ですね。

あ〜〜〜女は怖い怖い(笑)

総レス数 9
感想記事編集  PASS 編集 削除

お名前(必須)
E-Mail(任意)
URL(任意) http://
メッセージ
削除用パス    Cookie 


*作品に戻る   *一覧に戻る   *削除・編集

COPYRIGHT (C) Jet Li Fansite 天照庵