青いイチゴ
  作者: PN-S   2018年01月24日(水) 10時54分28秒公開   ジャンル:コメディ
Xmasでもなく ただの一月 それもずいぶん二月の空気が漂っている

ユーロ「おいショートケーキなんでかってきてんだよ?」

スー「俺じゃねえよ」

ユーロの机にいきなり現れたイチゴショートケーキ

スーの分からない趣味でそこに勝手に買ってきたものなのか?
誰かの悪戯か?でも可愛い趣向だなとにやりと笑っていた。

ユーロにはさっぱりだった。

だがしかしこのケーキのフワッとしたその物体を見ると
こわもての悪がきであるユーロが食べるというのは
どうやら恰好がつかない様子。

スー「食べちゃえよ ユーロ」

ユーロ「・・・・・・俺が?」

スー「俺がじゃねえだろ 自分が食べる絵図(えず)らを気にするほどのものか?」

ユーロ「そんなんじゃねえよ・・・」

スー「じゃ早く食べろよ」

ケーキを目にして二人は食べるずただひたすら
ぶつぶつ言っていた。


そんなふたりのゆっくりとした時間を
壊すかのように いきなり入って来た黒いスーツの男


「お前ら仕事しろよ ケーキか食べないんなら俺が頂こう」


スー「おいそれ!!」

「なんだ?」 そう言って皿ごと手に取り一緒にあったフォークで
ケーキを切るとそのまま口のなかに入れた。

ユーロ「ああああああああああああああああああああああああああああ・・・
うそだろ・・・・・食うなんて・・・・・・・・・・・・」


男は言った「なにかわるいことでもあるのか?」


スーは言わないが思った

ローグお前にショートケーキを食べる絵図(えず)らなど
犯人には見せれなれない。冷やかな顔をして食べる図は殺人者の
奇怪行動そのものだ・・・・・・・・汗


ショートケーキを食べたその男ローグ・・・。

全てショートケーキを食した後に口を拭くと
スーに一言。

ローグ「誰が犯罪者心理の奇怪行動だ?」

スー「そんな事は言ってない ローグ・・まさか・・・ハハハ・・」

ローグ「その心の中で呟いただろ? 私のあの絵図らは見せれないと
馬鹿だな、ショートケーキはショートケーキだろ?
美味しい物は皆好きという事だ。お前らはまだまだ青いイチゴだな」


スー「青いイチゴってなんだよ」

怒りを見せるスー・・


ユーロ「スーお前・・・・・・・・・・・・ショートケーキごとき
いいだろ・・・・・」

スー「よくねえよ」

ローグ「まだ食えない未熟者って事だ」


スー「なんだと!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


ユーロ「やめろよーもう!!!」


ローグ「スーもっと素直になれ」

スー「ああああああああああああああ・・・・あ・・????!!!!」


ユーロ「ケーキ食いたかったのか??もしかして?」


スー「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

ローグ「お前が買ってきて リュウと一緒に食べようとして 
俺に食われたって事だ ユーロ」


ユーロ「ぶぶぶぶぶぶぶぶぶ・・・机間違えてやんの〜 馬鹿だね〜」

スー「笑うな!!!!!!!!!!!!!!」

まっかなスー・・・。


ローグ「だから言ったんだ 青いイチゴはそうゆう意味だ」


スー「もうやめろ!!!!!」

ユーロ「そうゆう事でしたかあ〜〜〜〜」


ローグ「リュウは正陽と午後の会議で当分戻らないからな

スー ショートケーキ会議に送っておいてやる」


スー「やめろ!も〜〜〜〜いいから」

ケーキがなく皿はユーロの机に置いてあるのである・・・・。


ローグ「まあ好きにしろ 口の中が甘たるい この時間もな・・さて
仕事に戻れ 」

ローグは部屋に戻ると暖かいブラックのコーヒをいれ仲伍と話をしながら
仕事を再開し時間を過ごした

ユーロ「スーお熱い気持ちは分かるが少し頭を冷やそうぜ
リュウは戻ってくるからまたケーキかって置きゃいいだろ?
仕事に行こうぜ」

スー「ローグ!!!!!!!!!!!!お前だけは許せねえ!!覚えてろよ!!!」

そう遠い遠吠えの様な声を吐きながらユーロに連れ出されていっていた。

そして天廩署の玄関までユーロが連れて行こうとしたとき
リュウが帰ってきたのだった。


ユーロ「あれ?会議は??」

リュウ「ああ早く終わったんだ」


スー「あ・・・・・・・・そうなのか?」

リュウ「?スーどうかした?」

スー「いや・・・・・・・・・・・・・」

リュウ「後免また後から聞くから」

スー「ああ・・・・・・・・・・」


ユーロ「帰りに何か買って来るんだけどリュウは何がいい?」

リュウ「あー イチゴのショートケーキ 久しぶりに甘いものがほしいな
疲れてるから・・でも忙しかったらいいよユーロ気持ちだけもらっておくから」


リュウはサラッと言うと天廩署に入って行った。


スー「まて・・絶対買って来る!!」

リュウ「え?なに?スー??またメールして」

スーの心の熱い気持ちはさっぱり伝わらない
ショートケーキとささやかな愛?は”青いイチゴ”だった。


かしこ




*作者からのメッセージ
ふと書きたくなりました
ささやかに短編読み切り。
ほっと一息。

※作品内の画像・背景画像は作者様のもの(一部劇場のもの)です。お持ち帰りされる際は作者様に許可をお取り下さいませ(合掌)

*一覧に戻る   *感想を見る   *削除・編集

COPYRIGHT (C) Jet Li Fansite 天照庵