『少林学園・武侠兄弟―其之六外伝の外伝 《武林傅・三獣剣客》
  作者: ミコ&hiyoko   2016年10月19日(水) 00時02分44秒公開   ジャンル:武侠
【PAGE 12/12】 [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]



第十章(最終章)by ミコ

時は少し遡る、、、

冠鷲を倒した白狼は誘導図を手に次の目的地に向かっていた。

白狼
「下駄?履物屋だな」

履物屋の前に行くと鳶がいた。


「さっき饅頭食ってたら天珠庵のひょろーっとした尼が来たけど、青燕が危ないってどういうことだ?時間稼ぎってなんだよ!」

白狼
「光蓮だな。師父が解読できるまでの間だよ」


「俺は確かに天下第一英雄になりたいが、青燕を放っておいてまでならなくていい!」

白狼
「一度捨てたくせに今更なんだよ!」


「あん時はいろいろあってさ、、、早く助けに行こうぜ!」

白狼
「じゃあ闘わないんだな」


「あぁ。お前にこれは譲るから青燕を助けたら次へ行けよ」

白狼
「わかった」

そう言って二人は羅刹門の根城へ向かった。

その頃、青龍は男喰艶女を倒し、誘導図を手に次の目的地に向かっていた。

青龍
「盥?金物屋か!」

金物屋へ向かうと向こうから隼が歩いてきた。


「おぉ次はお前か、青龍」

青龍
「お前は誰を倒してここに来たんだ?」


「それが精武館の前にいたら天珠庵の目がくりっとした尼が来て闘っちゃいないんだ」

青龍
「香蓮か、でなにか言ってたか?」


「あぁ、庵主さまを助けって。闘ってる場合じゃないんじゃないのか?」

青龍
「鷹王と会うまでは闘って誘導図を手にしないとだ」


「闘わずにここで二人の誘導図を見せ合うって手もあるぜ。それに鷹王は勝敗関係なく珍珠を手にするつもりだろうからな」

青龍
「そうだな」

二人は互いに誘導図を見せ合った。


「俺のが寺の印で」

青龍
「俺のが蜘蛛の巣」


「どういう意味だ?」

青龍
「蜘蛛の巣が張った寺か?」


「それって古寺、奴らの根城だ!端から端へだ、遠いな」

青龍
「それならあの馬を借りて相乗りで行こうぜ!」

二人は町外れの古寺へ馬を走らせた。

熊爪呑兵衛を倒した紅虎は誘導図を手に次の目的地に向かっていた。

紅虎
「この蓮花に卍の印ってどこかで見たな。どこかの寺の紋章だった気がするが、、、」

紅虎は物知りで有名な質屋の阿越を訪ねてみた。

紅虎
「阿越いるか?」

阿越
「おぉ紅虎の兄さん、太刀を質入れですかい?」

紅虎
「そうじゃないよ。なぁこの印はどこかの寺の紋章じゃないか?」

阿越
「あぁそうだ、町外れの戒厳院の紋章だ。だが今はもう誰もいないぜ」

紅虎
「町外れの寺、、、羅刹門の根城か。ありがとよ!」


「なぁ腹ごしらえしてから行こうぜ」

白狼
「早く行きたいくせに腹ごしらえか?」


「腹減ってると力が出ねぇんだよ」

白狼
「さっき饅頭食ったばかりなんだろ」


「精力付けるために山羊串食っていこう!」

白狼
「肉は戒律違反だけど山羊串は俺の大好物なんだよな」


「今は坊主じゃなくて白狼なんだから食っちゃえよ!」

二人が山羊串を食べながら歩いていると質屋から出てきた紅虎と出会った。

白狼
「紅虎じゃないか」

紅虎
「山羊串か?美味そうだな」


「一本やるよ」

紅虎
「ありがとって、、、なんでお前ら一緒なんだ?」

白狼
「青燕を助けに行くことにしたんだ」


「俺は天下第一英雄より青燕が大事だからな」

そうして三人が歩き出すと後方から蹄の音が聞こえてきた。

紅虎
「おい、お前ら仲いいな。急いでどこ行くんだ?」

青龍
「羅刹門の根城さ!青燕を助けに行くんだよ」

五人が古寺に着くとそこには傷ついた青燕が倒れていた。

白狼
「青燕!」


「おいっ、しっかりしろ!」

青燕
「白狼哥、鳶哥、、、やられちゃったよ。太陽光じゃダメだったみたい、、、へへへ、、、(ガクッ)」

白狼
「青燕ーーーーー!
死んじゃダメだーーーー!」


「鳶、救えるのはお前だけだ。早くあの技を使え」

青龍
「技ってなんだ?」

紅虎
「まさか、生き返るのか?」


「還陽経と言って俺たち鳥類だけが身につけられる蘇生技だ」

白狼
「じゃあ隼もできるのか?」


「もちろんできるが相手を愛していないと効き目が現れない。だからもしお前が死んでも蘇生させることはできないさ」

鳶が座禅を組み両腕を羽ばたかせ風を起こすと白い妖気が漂った。

その妖気を横たわっている青燕の頭のてっぺんから足のつま先まで当てる。

紅虎
「なぁ、俺たち鳥類って言ったけどお前らって人間じゃないのか?」


「人間だ!俺は隼に鳶のやつは鳶と一緒に育てられただけだ!」

紅虎
「そ、そうか」

青龍
「でもなぜ羅刹門に入ったんだ?」


「羅刹門の動きを探るため兵のふりして潜り込んだんだよ」

白い妖気に包まれた青燕を鳶は思い切り抱きしめる。
すると青燕の唇に赤みが帯び息を吹き返した。

青燕
「鳶哥、、、?あたし、、、」


「鳶、お前まだ青燕を愛してたんだな」

青燕
「鳶哥が蘇生してくれたの?あれを使うと寿命が十年縮んじゃうのに、、、」


「残りの人生お前といられるなら十年くらいどうってことねぇさ」


「さぁ、今日は満月だ。思い切りその剣を月に翳したら羅刹門を倒しに行くぞ!きっと城に向かったはずだ」

町の中央に着いた六人はそこで思いもしない状況を目にした。

安徳皇上と紫凰妃、世徳皇子が受刑台に座らされていて、その下には白い衣装を身に纏った長髪の神仙が蒼白く光る剣を手に立っていた。

法連
「法京、いや三獣剣客たちよ、早くそいつらを倒し皇上たちをお助けしろ!鷹王は私が裁く!」

白狼たちは受刑台の下に構える兵たちを相手にバッタバッタと斬りつけて行く。

鷹王
「なにをしておる?早くその刀を振り下ろせ!」

三人の首を斬り落とそうとする男たちの手首目掛けて三獣剣客たちは兵から奪った弓を放つと刀は手から落ち三人の男たちは倒れた。

すぐさま三獣剣客は受刑台に登り、皇上たちを救い出した。

青龍
「師父、思い切りやっちゃってください」

法連
「鷹王、覚悟しろ!」

鷹王
「早く珍珠を渡せ。そんな服着てカッコつけても臆病者のお前に俺は倒せんぞ」

法連
「珍珠は正義のための石珠でお前のような者が手にしても効果はないぞ!」

二人は闘い始めた。

紅虎
「皇上、なんで朝廷兵が?」

安徳
「弟の裏切りだったんのだ。鷹王と組んで私が渡していた公金を横領し、この国を乗っ取ろうとしてんだ。兵は奴が雇った総督府の兵だ」

そこへ光蓮と香蓮が馬に乗ってやってきた。

青龍
「香蓮、皇上たちを城へお連れしてくれ。頼んだぞ!」

光蓮、香蓮
「わかりました!」

二人は皇上たちを馬に乗せ走り去った。

青燕
「冠鷲、さっきはよくもやってくれたな!」


「さっきの傷はこいつのせいか?」

白狼
「あん時殺しておくんだったな。青燕、その翡翠剣でぶった斬れ!」

白狼たちは兵たちをすべて倒し、鷹華郡に剣を向けていた。

青龍
「白狼、いくら悪党に成り下がったとはいえそいつは皇上の弟だ。殺さずに生け捕れ!」

白狼
「わかった!」

青燕
「冠鷲、早くかかってこい!」

冠鷲
「威勢がいいな。もう一度殺られたいのか?」

青燕
「今度こそこの剣でお前を斬り刻む!舞月旋を食らえーーーー!」

青燕は剣を月明かりに向け飛び上がると三回旋回し舞い降り冠鷲の胸を突き刺した。

鷹王
「おい弱虫和尚、なかなかやるじゃないか」

法連
「うるさい!早くかかって来い!」

鷹王の三又槍が音を立てて旋回し法連の頭上を横切る。

法連はその三又槍を躱し右へ旋回すると鷹王の腕を斬りつける。

腕を斬られた鷹王は尚も三又槍を背中の後ろで回転させ大きく振り下ろし突き刺そうと攻めてくる。

法連は左へ螺旋脚で旋回し店の柱に足をかけ上へ舞い上がると、左手を剣指で構え白銅剣を一直線に降ろし鷹王の心臓を突き刺した。

鷹王は口から血を吐きその場に崩れ落ちた。

瞳蓮
「法連、やったわね」

法連
「私は勝ったのか?」

瞳蓮
「そうよ。見て、鷹王が倒れてるでしょ」

法連
「私がやったのか?」

瞳蓮
「そうよ」

法連
「この剣はなんだ?なんでこんな服来てる?」

白狼
「師父、いつの間にこんなに強くなったんですか?」

法連
「私は、、、」

青龍
「これで一見落着ですね」

そこへ青雲がやってきた。

青雲
「皇上がお呼びです」

法連たちは城に向かい拝謁した。

朝貴
「ワンシャン、ジャードー(皇上駕到)!
【訳:陛下の御成!】」

法連たち
「ウォーメン サンジャン ワンシャン ワンソイワンソイワンワンソイ(我們参見皇上。皇上、万歳万歳万々歳」
【訳:陛下お目にかかります。皇上、万歳】

安徳
「チーライバ(起来ロ巴」
【訳:立ちなさい】

法連たち
「シェー ワンシャン(謝皇上)」
【訳:有難う御座います、陛下】

安徳
「ご苦労だった。鷹王はどうした?」

法連
「はい。羅刹門は壊滅いたしました」

白狼
「こいつはどういたしましょう?」

安徳
「殺したいところだがこんな奴でも血を分けた弟だ。流刑に処することにする」

紫凰妃
「三獣剣客、貴方たちはこれからどうするの?」

白狼
「師父がお許しくださるのならまた寺に戻ります」

安徳
「法連、どうするのだ?」

法連
「許すもなにも善として生きるものを拒むことはできません。三人よ、修行を続けたいのなら戻ってきなさい」

三獣剣客
「はい!」

紫凰妃
「青燕はどうするの?」

青燕
「私も庵主さまがお許しくださるのならまた寺に戻ります」

安徳
「瞳蓮、どうなんだ?」

瞳蓮
「私も法連と同じよ。青燕、いいえ京蓮。でも貴女はまだ受戒してないのだから愛する人と生きてもいいのよ」


「寺に戻るのか?」

青燕
「鳶哥、貴方は隼哥と一緒に武林を守って。私の気持ちがあと十年変わらなかったらその時は、、、」


「わかったぜ。武林が落ち着くまで俺らも女をかまっちゃいられねぇからな。でもたまに町に来たら一緒に饅頭食おうぜ!」

紫凰妃
「猛禽兄弟はこれからどうなさるの?」


「武林とはそもそも義を重んじ情に満ちた武術家が集まる場所。この武力は善に使わないと」


「で、この武力を使って護衛隊を結成することにしました」


「そこで法連方丈と庵主さま、三獣剣客と青燕にもなにかの時は加わってもらいたいのだがどうだろう?」

法連
「もちろん賛成だ!」

瞳蓮
「私ももちろん賛成よ」

安徳
「私も大賛成だ」

瞳蓮
「師哥、珍珠はどうするの?」

法連
「もうこの世は平和で武林も安泰です。洞窟にいる元の持ち主に奉納するよ」

安徳
「太好了!(素晴らしい)これにて一見落着ーーーー!」

翌日の樂恩寺

法連
「おい、今度は風呂桶に亀がいたぞ。池が汚れてるんじゃなのか?」

法京
「はい。すぐに掃除します!」

法連
「そう言えば厠の草履の鼻緒が切れてたぞ!」

法卓
「はい。すぐに取り替えます!」

法連
「あっあと、狛犬に落書きがあったぞ!」

法丹
「はい。すぐに磨きます!」

法連
「おっ忘れるところだった。大分遅れたが中秋節はバタバタしていてそれどころじゃなかったからと今夜、師妹に月見に誘われておったのだ」

法京
「早く行かないと叱られますよ!」

天珠庵ではー

瞳蓮
「光蓮、厨房の薪が減って来てるわね」

光蓮
「はい。すぐに薪割りします!」

瞳蓮
「香蓮、お団子はできた?」

香蓮
「はい。もうすぐ蒸し上がります!」

瞳蓮
「京蓮、急須のふちがかけてたわ」

京蓮
「はい。すぐに買ってきます!」

瞳蓮
「師哥たちは何時に来るの?」

光蓮
「もうすぐいらっしゃると思います」

京蓮
「方丈たちがお越しになるのならすぐに急須を買ってこなくてはですね」

瞳蓮
「急須はもう一つあるからゆっくりで大丈夫。貴女はこのお団子を持って鳶さんと一緒に食べてきなさい」

京蓮
「はい。有難う御座います!」

法連
「師妹、遅れてすまーん!」

瞳蓮
「師哥待ってたわ。お団子が温かいうちに食べましょう!」

劇終

裏側ーーー

キョウマ
「兄さん、どこであんな技覚えたの?」

レンマ
「技ってなんのことだ?」

ミヤコ
「ホントよ、あたしなんか涙が出ちゃったわ」

ひかり
「ヒトミさんが羨ましいわ」

みに
「女性なら誰でも憧れるわね」

紫苑
「もーうっとりー」

ヒトミ
「レンマも最初は照れてたくせに曲が決まったら感激して張り切りだしたの」

レンマ
「歌詞の意味に感激したんだよ」

スー
「まったく、あんなの見せられたらブーメランパンツで踊った俺が恥ずかしくなるだろ」

ドニー
「衣装はレンマが一番カッコよかったな。三回もお召し替えがあってさ」

レンマ
「三獣剣客の衣装だってカッコいいじゃないか」

コリン
「オレはいつになったらレンマに殺されずに済むんだろ?」

レンマ
「ハハハ。でも鷹王はコリンに合ってたし立ち振る舞いがかなりカッコよかったぞ」

ミヤコ
「くまちゃんには殺陣のシーンでは何度も失敗しちゃってご迷惑をかけたわね」

パン
「そうだぞ、身代りの人にやってもらえば済んだのにやると言い出したら聞かないからな」

くまきん
「全然へっちゃらさ。でもおばちゃんったらやる度に上手くなってたからね」

マンチェク
「みにさんとひかりさんの乗馬もサマになってたね」

みに
「練習は大変だったけど楽しかったわ」

ひかり
「ワタシの乗った馬がなかなかいうこと聞いてくれなくて。でもあの黒馬勇ましくてカッコよかったわー」

コリン
「トニーの役は難しいな」

トニー
「曖昧さの中で怪しさを見せるってやつだね」

アンディ
「トニーとの絡みは楽しかったよ」

レンマ
「なにはともあれ、怪我もなく無事終えれたことに感謝だな」

終わり、、、
*作者からのメッセージ
少林学園のみんなが総出演の武侠ドラマです。

動画はforum2でご覧になってみてください。

※作品内の画像・背景画像は作者様のもの(一部劇場のもの)です。お持ち帰りされる際は作者様に許可をお取り下さいませ(合掌)

*一覧に戻る   *感想を見る   *削除・編集

COPYRIGHT (C) Jet Li Fansite 天照庵