ジェット・リーご本人の話題
アバター
By 小太郎
#7466 2014年新浪財経年末特別企画《生逢大时代》に出演した動画が、2日にアップされておりました。
中国の改革開放後30年間の中国の歩みを振り返る、みたいな内容で連杰のほかに3名の著名人も出演しています。
http://finance.sina.com.cn/times/23.html
http://video.sina.com.cn/p/finance/20141202/091964319963.html

他の方々は、なんだか真面目にお話されているのに、
我らが殿は、こんなんでいいのかしら?と思うほどのガルゴも真っ青なマシンガン・トーク炸裂でございます。

せっかちな貴方のために、連杰のとこだけ特別にアップしてみました :bigsmile:


(できれば720pHD以上の高画質で鑑賞してくださいませね♪)


かなり楽しそうな話をしていそうですね。
車と警官さんが関係しているのは分かったのですが、そこのところ詳しく何を話しているかぜひぜひ知りたいと思い、
強力な助っ人Nちゃんにお願いしたところ、
なんとなんと!!
Nちゃんの師匠・すもも先生のご協力の元、訳してくださいましたーーーーラッキーー!! :angry: :angry: :angry:


1985年当時の中国での3LDKのお家と電化製品がそろっている家庭っていうのは、ほんとに贅沢なお家で、それに加えてオートバイなんか持ってる生活ってみんなの憧れで、オートバイを持ってない人なんか、自分で自転車にモーターをつけて街中を走ったりする人もいたりなんかした、そんな時代で。

でも、りんちぇは1984年には既にそんな生活を実現させてて車まで持ってた。
その頃の車に関する笑い話がたくさんあって、北京の道で車を運転していた時、信号でのところで警官さんに呼び止められて、写真を取られたりサインを求められたりしたんだって。

北京の交差点には交差点ごとに警察の監視塔が設置してあって、りんちぇがその場を後にしつつミラー越しに、警官さんが次の交差点の監視塔に常駐してる警官さんにすぐに連絡を入れてたのが見えたんだそうな。

しかも、その時りんちぇが乗ってたのは赤い車で、当時北京ではとっても目立つ色だったからすぐにりんちぇの車がどれかわかっちゃって・・・交差点で信号待ちの度に呼び止められて、写真とサインのおねだりがあったんだって(笑)

いやいやいや、警官さんたったら思いっきり職権濫用なんじゃない?(笑)

「少林寺」が中国で公開されたのが1982年の10月。
’84年には赤い車を乗り回してたんだから、どれだけヒットしたかが伺えます。
仕事中の警官さんもミーハーとなってしまうほどに、時の人だったんだろーなー :cool1:
アバター
By chazcatz
#7501 If I am the Police officer, I will do that too, haha