「海洋天堂」についての話題
アバター
By しゅう
#1265 記念の為に『海洋天堂』のウェブ記事を集めておきます :pinklove:

第一弾はシネマトゥディ4月6日の記事
ジェット・リーがノーギャラ、ノーアクションで自閉症の子の父演じる『海洋天堂』日本公開決定
音楽は久石譲
アクションスターのジェット・リーが、脚本に感動しノーギャラで出演を決めたという父と子の感動作『海洋天堂』がついにこの夏、日本で公開されることが決まった。常に出演作でキレのあるアクションを披露してきたジェット・リーだが、今作では一切アクションは行わないという。

 映画『海洋天堂』は父と息子のきずなを描き大ヒットを記録した『北京ヴァイオリン』の脚本家、シュエ・シャオルーが脚本だけでなく監督にも初挑戦。父と自閉症の子どもとのきずながテーマでノスタルジックな異国情緒が漂うチンタオを舞台に、親が子を想う気持ちを描いた、さわやかな感動が残る珠玉のドラマ。その内容のすばらしさから、本作の日本公開を強く望む自閉症の方の家族やジェット・リーのファンが「ジェット・リーの『海洋天堂』を観たい」という署名活動を行ったことも話題になっていた。

http://www.cinematoday.jp/page/N0031468
アバター
By ミコ
#1266 しゅうさん☆彡

嬉しい~~~~ :pinklove: です。
海洋天堂の日本語記事を観る事が出来ないミコにとっては凄く嬉しいです。
有難うございます :heart:

記事の最後の
「ジェット・リーのファンが「ジェット・リーの『海洋天堂』を観たい」という署名活動を行ったことも話題になっていた。」は
しゅうさんのことですね! スゴ~~イ! :bigsmile:
アバター
By しゅう
#1267 >ママミコさん
あれは私のことではなく、りんちぇ迷全員のことだと思います :yes:
嘆願書提出前の迷さん達の頑張りには頭が下がる思いでした。
友人・知人・愛人(?)に片っ端から声を掛けてくださいました。

ママミコさんともこの活動でご縁が出来たんですよね :heart:
お名前だけはずっと前から知っていましたが。

5日にマスコミ向けの試写会が開かれたそうなので
これから雑誌を含め、続々と記事が出てくると思います。
漏れなくコレクションしていきますね♪
アバター
By しゅう
#2001 被災経験のあるジェット・リーが日本にメッセージ
中国出身のアクション俳優ジェット・リーが、東日本大震災を受け「深い悲しみと、不安の中にいる日本の皆さんのことを思い、とても心を痛めています。1日も早く、皆さんに笑顔が戻ることを願っています」と日本へメッセージを寄せた。

リーは、2004年の休暇中にモルディブでスマトラ沖地震の津波に遭ったことをきっかけに、災害支援基金「壱(ワン)基金」を設立。国際赤十字親善大使を務めるなど、ボランティアに尽力している。また、同基金から東日本大震災の被災者支援の義援金が送られた。

リーの新作は、ウォン・カーウァイ監督作品で知られるクリストファー・ドイル撮影の「海洋天堂」(シュエ・シャオルー監督)。水族館で働く男が妻との死別後、自閉症の息子を男手ひとつで育ててきたが、ある日、自分がガンで余命わずかだと知る……という親子のきずなを描くドラマ。リーはシャオルー監督の脚本にほれ込み、アクションを封印しノーギャラで出演した。音楽は久石譲が担当する。

「初めて『海洋天堂』の脚本を読んだとき、感動しすぐに出演を決めました。父と息子のきずな、そして人と人がつながることの大切さに胸打たれたからです。皆ひとつの家族なのです。私たちは支えあえればどんな困難な状況も必ず乗り越えられます。この映画が、皆さんに勇気と感動を届けられるよう祈っています」と作品についてコメントしている。

「海洋天堂」は7月シネスイッチ銀座で公開。

http://eiga.com/news/20110527/5/
アバター
By しゅう
#2312 親子の絆を描いたジェット・リー主演作『海洋天堂』に高い満足度
7月11日(月)13時48分配信

雑誌「ぴあ」調査による7月8日、9日公開の映画・満足度ランキングは、余命先刻を受けた父と息子の絆を描いたジェット・リー主演の『海洋天堂』がトップに輝いた。2位にチャン・イーモウ監督のラブストーリー『サンザシの樹の下で』が、3位に3歳から5歳の子どもたちが哲学を学ぶという画期的な取り組みを記録した『ちいさな哲学者たち』が入った。

1位の『海洋天堂』は、自閉症の息子を男手ひとつで育ててきた父親(ジェット・リー)の生き様を描いた人間ドラマ。観客からは「強さと賢明さを内に秘めたジェット・リーの静かな演技が新鮮」「アクションのないジェット・リーの役柄は珍しいが素晴らしかった」「主人公の親子に周りの人たちが自然と寄り添っていく様子は温かくて胸にジーンときた」など、涙ながらにコメントする観客の姿も見られ、女性を中心に幅広い世代から支持を集めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110 ... aeiga-movi
アバター
By しゅう
#2313 一年前から公開が待たれていたジェット・リー主演の感動作が日本上陸
7月11日(月)15時15分配信

アクションスターのジェット・リーが、俳優人生初のノーアクションかつノーギャラで出演したことで話題を集めている映画『海洋天堂』(公開中)。自閉症の息子と余命わずかな父親との静かな交流を描いた感動作だが、実はこの作品、熱心なファンが一年以上も前からブログ上で日本公開を呼びかけ続け、話題になっていたことをご存知だろうか?

『海洋天堂』が中国で公開されたのは2010年6月のこと。当時、同作の日本公開は未定だったが、同じく2010年6月に開設された「ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!」ブログで、ファンが日本公開に向けた活動を開始したところ、同ブログには多数の応援コメントが寄せられ、さながら署名活動のような盛り上がりを見せることになったというわけだ。

これまで『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』(07)、『ファンボーイズ』(08)、『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(09)など、熱烈なファンの活動をきっかけに日本公開が実現した作品は少なくない。だが、その多くが欧米で制作されたコメディ色の強い作品などで、今回のようなアジア発の人間ドラマの公開を求めるファン活動は目立っていなかった。その点、本作が多くの声を集めたのは、ジェット・リーという大スターの新境地を見たいという映画ファンの思いだけでなく、自閉症の家族を持つ方々からの支持があったからだ。劇中では自閉症の症状が虚飾なく描かれており、自閉症のことを正しく理解してもらいたいと考えている自閉症関係者の応援コメントが寄せられているのが『海洋天堂』ならではの独特な点といえる。

そして何より、映画の内容が素晴らしいということに尽きるだろう。子の幸せを願う親の愛情という普遍的なテーマが優しく、温かく、美しく描かれており、公開を待ち望んでいた人々も必ずや満足できるはずだ。公開前から熱心な支持と期待を集めた注目の本作は、現在2館のみの上映だが、この先30館以上での順次公開が決まっている。ジェット・リーが熱い気持ちで臨んだ『海洋天堂』は、撮影にクリストファー・ドイル、音楽に久石譲、ジェイ・チョウがエンディング曲を提供するなど、美しい映像と音楽が感動を盛り上げている。是非とも本作は劇場で堪能してほしい。【トライワークス】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110 ... vwalk-movi
アバター
By しゅう
#2314 <注目映画紹介>「海洋天堂」ジェット・リーが筋肉を封印 息子を思う父を熱演
7月12日(火)14時35分配信

アクションスター、ジェット・リーさんがアクションなしで主演したヒューマン作「海洋天堂」が9日から全国で公開中だ。ウォン・カーウァイ監督作でもおなじみのクリストファー・ドイルさんが撮影をし、青が本当にきれいに仕上がっている。「北京ヴァイオリン」の脚本で知られるシュエ・シャオルー監督がメガホンをとった。
水族館で働くワン・シンチョン(リーさん)は自閉症の息子ターフー(ウェン・ジャンさん)と青島(チンタオ)に住む。妻に先立たれて男手一つで息子を育ててきたシンチョンは、自身ががんで長く生きられないことを知る。シンチョンは息子に自立のために生活のすべを教えていく。近所に住む女性チャイが、2人のことを何かと気にかけてくれるが、シンチョンは遠慮がち。ある日、水族館にサーカスがやって来た。ターフーは色とりどりのボールに興味を持ち、ピエロの女の子リンリン(グイ・ルンメイさん)と知り合いになる。一方、シンチョンの残された時間は少なかった……。

 父が子を思う気持ちが、ギュッと詰まった映画だ。子どもの将来を願う親の気持ちが、残り少ない人生を生きる主人公と障害を持つ息子によって一層強まる。演じるリーさんは誠実さを持って、このお父さん像を作り上げている。アクション映画とは別人かと思うようなメガネ中年のリーさん。鍛え上げた筋肉もイケてないシャツの下に封印し、プールでおぼれたりする。彼の新たな面が見られ、楽しめた。

父シンチョンの言動一つ一つが心にしみてくるのだが、この映画をしみるものにしているものが、もう一つ。ターフーとピエロのリンリンの場面。みずみずしく、優しく、切ないシーンだ。海や水族館という水を扱った舞台が作品の純度を上げている。陸ではバスの乗り方さえおぼつかないターフーだが、水の中では自由そのものだ。水中の光が限りなく美しく、記憶にいつまでも残る。9日からシネスイッチ銀座ほか全国で順次公開。