「ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝」についての話題
アバター
By んがちゃん
#5492 わぁ☆たい母さんも中国語を学ばれてらっしゃったのですね♪♪
んがちゃんはただいま修行中なのですが、めっちゃサボりまくっているので
いまだにさっぱり分かりません・・爆!

うんうん!しゅうさんも仰ってくださってましたが、
是非これからも連杰のいろんなことをいっぱい教えてください~❤❤


>熱血職人のおやじが(若手エリートに)
>(お前、現地で鍛えたる!ついてこい、、!)モードですわね(


そう!そうなのです!まさにその感じ!(笑)
分かっていただけて嬉しい~~☆☆
イメージ的に、昭和世代vs平成世代くらいの世代の違いを感じました!

でも、ユー役のチェン・クンさんって、んがちゃんは20代くらいの方と想像していたのですが
あとからちゃんとプロフィールを見てみると、想像していたほどにはお若い方ではなかったので(爆)
んがちゃんの感覚は少し外れているかもです(笑)

ユーのアップは確かに多かったですね!色白&すべすべおはだ❤
連杰のアップは・・・・・・・・ローグアサシンの時を思い出すと、
ユーのすべすべおはだと比べるとちょっと辛いものがあr。。。(以下略)

ううん!いい男の条件はお肌の美しさだけではないのだー!(ということにしておこう❤笑!)







しゅうさん、やっと来てくださったのですね☆☆ :heart: :omgomg: :heart:
お待ちしておりましたです!ようこそいらっしゃいませ☆☆ヽ(*´∀`)ノ

あー!Baiduさんのキャスト表をUPしてくださってるー!!ありがとうございます!
そうそう!んがちゃんも、このキャスト表を見て、声優さんの名前を調べましたのですー☆(笑)
どうやらとっても有名な方っぽいですね、ジャオおじさまの声優さん♪♪

なんかね、中国の方々の中でもじゃみ声の主の話題が上っていて、
一部で本物かそうでないかの議論が交わされているところもあるみたいだと伺いました❤❤
んがちゃん、こんなときのために中国語教室に通ってるってのに、
肝心な時にさっぱり分からなくて、全然ダメダメ・・ :redface: (爆!)



>殿とルンメイちゃんは広東語バージョンで吹き替えの声優さんに担当してもらったんじゃないかと。
>なので、日本で公開された北京語バージョンは殿本人の声 :heart:


うんうん!広東語バージョンのほうは、
確かに声優さんが連杰の声を吹き替えてらっしゃいそうですね♪♪
過去作品を見ているときに、「たとえ発音が悪くてもいいから(爆)
広東語でも連杰本人の声だったらうんとよかったのに・・」ってよく思います(笑)

てか何気に、んがちゃんお気に入りキャラの韃靼人のチャンまでもが
標準語で吹き替えだった日には、ちょっと立ち直れないかも・・(恋破れる。爆。)


そうそう、吹き替えのお話で連杰のじゃみ声が本物かどうかもそうなのですが、
映画を見ていてんがちゃんがふと思ったことがあって・・

んがちゃん、映画館で見ててところどころで口の動きと台詞の音が
違うところがあったような気がしているのですよね~?
なんとなくそう思ったのは映画序盤の方だったのですけれど、そんな感じがしなかったですか?
そんなん思ったん、んがちゃんだけやろか・・・? :roll:


これも、もう一度観にいって、すんごい確かめたいのです :heart: :angry: :heart:
ってか、まだ公開してますよね・・??(コレ、なにげに一番重要)
アバター
By しゅう
#5493 あれから広東語バージョンの【龍門飛甲】映像を探して、ジャオ様の声を確認したところ
殿とは似ても似つかない声でした :bigsmile:
(聞いていただくと、はっきりすると思うんですが
ここに広東語バージョンの映像を貼ることは掟破りなので自粛します)

北京語バージョンと広東語バージョンのジャオ様の声は明らかに違います。
なので吹き替えの声優さんが両方とも担当したとは考えられない。
やはり北京語バージョンは殿本人の声だと思います :heart:

それからルンメイちゃんは台湾の女優さんなので、広東語はあまりうまく話せなかったんじゃないかと。
あのメンバーの中では若手女優の彼女が北京語バージョンも吹き替えてもらったとは考えにくい。


こちらでの公開は今日が最後なので :redface:
会社をサボってもう一度ジャオ様に逢ってきます。
アバター
By ミコ
#5494 飛び出す懐安とのニ回目めの逢瀬はみんたんと行ってきました。
初めに一人で行った映画館に行こうとしていたのに、昼の時間帯が無くなっていたために
みんたんとミコの家から近い映画館に行くことが出来ず、市川(千葉県)まで行ってきました。

水曜日に行ったのでレディースデー1,000円の日でした。
前回、ちょっと曖昧だった部分をもう一度観なおしだ~ :heart:

あの台詞・・・何度聞いても痺れちゃう~~~

でもニ回目を観終わって新たに感じたことがありました。
それは。。。

女性陣がすっごく素敵だったと言うこと。
ずっと探し求めていたかつて自分が愛した男性にようやく巡り会えたのに。。。
最後は自ら去って行くリン・・・
そして今度は懐安が追うことになるんですよね。
その時の台詞・。・
「必ず追い付いてみせる・・・」

キャ~~~ :heartsmile:
言われてみたい・・・「男性に追いかけられる女性になりたいわ!」っと思っちゃいました。

もう一人。。。グー・シャオタンもかなりカッコいいよね。
情報屋のフォンとはかつて恋仲だったのに、また一緒にお宝探しの旅を続けてる。
フォンはちょっと軽く過去のことを話していたけど、グーはまだフォンに対して心が残っていそうだった。
だって、チャンがフォンを気に入ってべたべたしていたのをあまり良く思ってない感じだったもん。

で、ラストでフォンとチャンが馬に乗って都に行く姿を冷静に見てた。
でもフォンが「また会おう」?みたいな台詞を言った後、グーも少し嬉しそうだった。

リンと言い、グーと言いカッコよすぎ!
ミコも「男なんて!」って感じで闘う女性、そして追われる女性になりたいわ!って思いました・。・ :bigsmile:

最後に映画館をあとにみんたんと話していた時に・・・
みんたんが言った言葉にミコが大笑いしたお話がありまして。。。

その1
みんたん「彼、二役じゃないよね?」
ミコ「えっ?ユーとフォンのこと?」
みんたん「うん」
ミコ「えっ?知らなかったの?」

その2
ミコ「韃靼人の女ボスの子は海洋天堂のピエロの子だけど・・・」
みんたん「え~~~~~~!あの子がピエロだった女の子なの???」

おっと・・・この記事はバリから書いてます。
無事、バリに戻りました :pinklove:
アバター
By んがちゃん
#5508 しゅうさん、最終日のジャオおじさまとの逢瀬はいかがでしたか・・・・・・・・
んがちゃん、とうとうジャオおじさまに逢いにいけませんでした・・・・・・・・(遠い目)

嗚呼、もう一度劇場でジャオおじさまにお逢いしたかった! :crying:
公式さまの方でも、3Dという特性上、再上映やリバイバル公開などは期待薄だと
仰っておられたので、残念ながら3D連杰はあれで見納めということになりますかね・・(悲)

んがちゃんの鞄の中で出動を今か今かと待っていた3Dメガネちゃんも、
もはや行く当てもなく、多分あと1年くらいはんがちゃんの鞄の中で
出動待ちを喰らってそうです(爆)

今度は日本語版DVDの発売を楽しみに待ちたいと思います! :heart: :Oooo: :heart:


ところで、広東語ver.の動画を探して確認してくださったのですね☆
ありがとうございます~~~ :heart: :heart: :heart:

>それからルンメイちゃんは台湾の女優さんなので、
>広東語はあまりうまく話せなかったんじゃないかと。


うはーっ!さすが、しゅうさん鋭い!!! :smile2: :!:
んがちゃんが通ってる中国語教室のすもも先生も、
「広東語は私も聞き取れない事があって、よくわかりません❤」とか仰っておられて(爆)、
んがちゃんも「へぇ・・やっぱりそうなんだ・・」と思ってお話を伺ったことがあります :why:

んがちゃん、細かい歴史のこととかがよく分かっていないので(汗)
香港も台湾も全部「中国」とひとくくりにしてしまっていますが、
文字だけでも繁体字→簡体字とかの違いがあったり、言葉の響きも地域によって全然違ったりして、
それだけでもキャストさんもスタッフさんも大変なのかもしれないって、今気がつきました!(爆!)

もしかして、こういう大きな作品の台本とかは、
役者さんの出身の地域によって言語の違う台本を用意したりするのかな・・??
んがちゃんだったら、最低2つは用意して欲しいとか思ったりしました(余計な心配。笑!)
アバター
By んがちゃん
#5509 ミコさん、無事に帰宅されたのですね☆
今回も長い飛行機の旅、お疲れさまでした&お帰りなさい :heart: :heart: :heart:


>「男なんて!」って感じで闘う女性、
>そして追われる女性になりたいわ!って思いました・。・


うんうん!そうそう!
なんというかこう・・さっぱりしていて、でも、とても可愛らしい一面があるのが
同性としてはとっても魅力的に映りますよね☆

フォンが、グー(だったかな?)とチャンに立て続けに張り倒されたシーンがありましたでしょう?
あれ、もうとっても爽快ー! :smile1: 「やったーっ❤❤」って、心の中で拍手喝采でした!(笑!)
でも、後々に引きずらず、あれはあれで終わってるのがとってもステキ☆

今回の脚本って、本当にどの人物もとっても魅力的に描かれていて、
とっても感情移入しやすかったです☆
なんというかこう・・男性も女性も、敵も味方もみんなとっても個性的で
どの人物も忘れ難い♪♪そして、どの人物もなぜだか憎めないのです❤

仮面をつけたあのおぢさん(名前が・・)も、謎の人物っぽくてカッコイイ★
瞳がとっても個性的で、薄いブルーの衣装もめっちゃキレイで颯爽としてるー❤❤
↑※注:仮面をつけてるとき限定。 :shock: 爆!

それぞれのキャラクターの、それぞれの別のお話とかを読んでみたくなるような
そんな魅力に溢れていますね♪♪

ツイ・ハークさんの作品って、連杰以外の作品を見たことがないのですけれど(照)
他の作品もこんな風にステキな脚本なのかな❤


みんたんとのドラゲー鑑賞ちょこっとレポも、ありがとうございます☆
んがちゃんにとっても、今回は時間&移動距離とも闘ったドラゲー3D鑑賞でした :angry: (笑!)
みんたん&ミコさんのお住まいから千葉までは結構遠いのでせうか??
んがちゃんでいうところの、京都⇔大阪くらいの距離くらいかなと想像しています :roll:

ちょこっとレポだけでも、今回の旅もとっても楽しまれたご様子が伺えて、
んがちゃんも思わずニヤニヤしながら拝見させていただきました☆(笑)

というか・・みんたん・・・・・・・・・・・(皆まで言うまい。爆!)