HOME >> MOVIE GUIDE >> ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ:天地争覇
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ:天地争覇 / Once Upon A Time In ChinaV

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ:天地争覇 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ:天地争覇 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ:天地争覇

原題 獅子王争覇 / 香港製作 製作 1993年 / 未公開
監製 徐克(ツイ・ハーク)監督 / 徐克, ウー・セイエン製作 / 徐克, カーボン・チョン脚本
出演者 關之琳(ロザムンド・クワン) / 熊欣欣(ション・シンシン) / マク・シウチン / ラウ・シュン 
データ 93年度の香港映画興行収入第6位を獲得(同年、「方世玉」は5位に、「方世玉2」は10位に) / 
十三姨とのキスシーン有り(ついに十三姨さんが愛を告白)
萌場 ・互いの弟子を取り合って乱闘しているところへ黄飛鴻が仲裁に行き、大暴れの末怒鳴る場面
・ラストシーン、城壁の上の提督に向かって札(?)を思い切り投げるシーン
内容 十三姨(ロザムンド・クワン)との結婚の承諾を得るため父親の元を訪れた黄飛鴻(李連杰)。だが町は、近々開催される獅子王争奪戦による興奮と策略で混乱していた。そんな中、獅子王開催日に提督の暗殺計画が決行されるという話が黄飛鴻の耳に入るのだが・・・。
※詳しいあらすじは旧解説ページへ。ネタバレを含みますので未見の方はご注意下さい。
▼ 管理人レビュー
ストーリー:★★★★★ 萌え度:★★★★☆ 貴重度:★★★☆☆
黄飛鴻シリーズ第三弾!
シリーズの中で一番お気に入りなのが、この作品です。

とにかく娯楽性がたっぷり凝縮されているんですよね♪
やきもち師父に苦笑し、負傷した鬼脚を労わる師父に涙し、絶品獅子舞に感動し。

連杰の獅子だけ、本当に動きが違うんですよねー。
実在の黄飛鴻も「獅子王」と呼ばれてたらしいですな。
そのうえ医学にも武道にも精通してる黄飛鴻って一体何者なんだ!ほんとに人間なのか?

映画の中の黄飛鴻は女に奥手だけど、本物はそうでもなかったみたいだし、
どうやら女にも精通してるっぽいですな(笑)
子供も10人いたらしいし、うーん、黄飛鴻は昼も夜も強いのか。最強じゃん!

さてさて、おなじみの鬼脚くん(熊欣欣)なのですが、
なんと彼、この作品のTVシリーズも含め、徐克監督の黄飛鴻作品すべてに出演しているのだとか。
(1作目はスタントでしたけどね)
1作目にフー役で出ていたユン・ピョウが、この鬼脚を演じた作品も出てます♪(「黄飛鴻之 鬼脚七」)

そして、黄飛鴻のパパも登場しましたね。
史実では、この頃にはもう他界してるとのことなのですが、まぁ映画ですからね(笑)
パパもなかなか素晴らしい腕を持ってらっしゃったようで、広東十傑に数えられたひとりなのだとか。
このパパの若かりし頃を描いた映画も出てます(ワンチャイ外伝「アイアン・モンキー」)。
そして、パパ役を演じているのはなんと甄子丹(ドニー・イェン)。

ところで、この頃の李連杰ですが、
前作の後から香港映画界を離れて雲隠れ(?)してたのに、彼の行方が分からないまま
撮影の準備が始まったそうな。
もう始まっちゃったもんはしょうがないので、OKしたのかもしれませんね。
デキちゃったもんはしょうがないから結婚する、みたいなもんですかのぅ。
徐克監督、なんか女みたいな奴だわ( ´艸`)ムププ

お告げ:先に既成事実を作ってしまうというのは、やはり結構使える手なのである。確信の合掌。



▲ このページのTOPへ

COPYRIGHTS (C) AMATERASU ALL RIGHTS RESERVED