HOME >> MOVIE GUIDE >> レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 格闘飛龍 :方世玉
レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 格闘飛龍:方世玉 / Fong Sai Yuk

格闘飛龍・方世玉 格闘飛龍・方世玉 格闘飛龍・方世玉

原題 方世玉 / 香港製作 製作 1993年 / 公開
監製 元奎(コリー・ユエン)監督 / 李陽中(リー・リンチェイ)製作 / ケイ・オン, チェン・キンチョン脚本
出演者 蕭芳芳(ジョセフィン・シャオ) / 趙文卓(チウ・マンチェク) / 李嘉欣(ミシェール・リー)
データ 93年度の香港映画興行収入第5位を獲得 (同年、「方世玉2」は第10位、「天地争覇」は第6位獲得)
製作は李連杰(李陽中) / 李連杰の女装シーンあり / 李連杰が鍋&やかんを手に熱唱するシーンあり /
主題歌の「青春心」を唄っているのは張学友(ジャッキー・チュン)
萌場 ・友達が役人に捕らえられたと聞き、瞳を潤ませながら「今どこにいる!?」と叫ぶ場面
・捕らえられた友人を迎えに行く時の、神々しいほど澄み切った表情を見せる世玉クン
内容 とある大富豪が開催した武術大会に参加することになった方世玉(李連杰)。勝者には大富豪のひとり娘(李嘉欣)の婿になる権利が与えられるのだったが、世玉はわざと負けてしまう。この結果に納得のいかない世玉の母(蕭芳芳)は、方家の名誉挽回のため男装をして大会に出場、見事勝利を収めてしまう。事情を知らない大富豪が強引に婚礼の準備を進めている頃、世玉の父が実は反清朝組織である「紅花会」の一員であることが判明し、大きな事件に発展するのだった…。
▼ 管理人レビュー
ストーリー:★★★★★ 萌え度:★★★☆☆ 貴重度:★★★★★
方世玉シリーズ第一弾!
「ワンチャイシリーズ」と同時期に撮影されたとは思えないほど、李連杰が幼い!幼すぎる!

鼻息の荒いバッファローが、突然甘えん坊なチワワかシーズー犬になったような感じ(笑)
李連杰の見事な役者っぷり・演じ分けに脱帽です。それとも黄飛鴻が年齢不詳すぎるのか??

とにかく笑いドコロがあちこちに散りばめられていて、涙目になりながら腹を抱えて悶絶していると、
今度はガラリと雰囲気が一変、シリアスな場面ではグッと胸が詰まります。

基本的に軽いノリで物語が進むのですが、色んな話が交差していてテンポも抜群。
非常にバランスが良い作品だと思います。観終わった後「何て良く出来た作品だろう」と思うこと間違いなし。


蕭芳芳 ▼苗翠花(世玉のママ)役 / 蕭芳芳(ジョセフィン・シャオ)
この作品をパワフルに盛り上げているのは、何と言ってもママ役の彼女。お茶目で(ちょっぴりおバカで)強くて、なのに女性らしい。 美人ですから冷たく見えそうなものなのに、本当に可愛らしい女性なんですよね。同じ女として学ぶところの多い女優さんで御座います。


朱江 ▼世玉のパパ役 / 朱江(チュウ・コン)
反清朝を掲げる秘密結社『紅花会』の幹部を務めるパパさん。武術は全く出来ないものの非常に頭のキレる冷静沈着なイイ男。 特に世玉ママの扱いの上手さといったら心憎いほど。エキセントリックでパワフルなママさんを見事に操っておられます。


趙文卓 ▼九門提督役 / 趙文卓(チウ・マンチェク)
レンタルビデオ屋さんの香港映画シリーズの棚で、必ずと言っていいほどお見かけする彼(笑) この作品がデビュー作なのだそうですが、 堂々とした演技っぷりは天晴れです。李連杰が降りた後の「黄飛鴻役」を継いでいらっしゃるのですが、本作『方世玉』を観た徐克が彼を スカウトしたのだそうな。


李嘉欣 ▼停停(世玉の妻)役 / 李嘉欣(ミシェール・リー)
ハッキリとした目鼻立ちの凛とした美人。『スウォーズマン/女神伝説の章』で、李連杰演じるリンの弟子役もされておりました。『方世玉2』にも続けて出演されております。


陳松勇 ▼雷虎(停停のパパ)役 / 陳松勇(チェン・ソンユン)
一度観たら忘れられない、強烈な個性をお持ちの俳優さんですね(笑) どうにも憎めないキャラクターが素敵です。『新・少林寺伝説』でも大富豪役を演じてらっしゃいます。


胡慧中 ▼李小環(停停のママ・雷虎の妻)役 / 胡慧中(シベール・フー)
まさにクールビューティー。強く気高く美しい。物語前半の彼女は「この人怖い…」と思わずにはいられないのですが(笑) 、本当の愛を知り、愛に生きる女になってからの彼女はいじらしい。後半では表情もガラリと変わって”けなげな女っぷり”を見せて下さいます。




九門提督役の趙文卓さんですが、天照は彼が演じる「黄飛鴻」を一度だけ観たことがあるのです。
これがまた爽やかでねぇ。バッファローとは大違い♪(笑)

デビュー作からして李連杰の敵役、そのあとは徐克に見出されて黄飛鴻役。
順風満帆の俳優人生かと思いきや、当時は大変なストレスに悩まされたそうですよ。

李連杰主演の「黄飛鴻シリーズ」と言えば大成功を収めた大作ですし、それを継ぐとなると心理的負担も
かなりのものだったようで、部屋に戻ると泣き暮らしていたそうです。 お気の毒に・・・。

それが今じゃ、立派な大俳優になられたのですから素晴らしいことで御座います。ご立派です。
中井貴一を甘くしたようなマスクも嫌いじゃありません♪ (もしくは東山紀之を猫顔にしたような感じ?笑)

それから劇中、ママと世玉クンの『親子拳』なるものが登場するのですが、これは「無影拳」という
かなりマイナーな拳法だそうで、なかなか映画ではお目にかかることが出来ないのだとか。
「無影脚」の拳バージョンってとこでしょうか。なんかそのまんまのネーミングだ。。。

「無影拳」あり、新旧”黄飛鴻役者”対決シーンあり、李連杰が鍋を打ち鳴らしながら熱唱するシーンありと、
見どころ満載なこの作品。コミカルムードに溢れながらも、親子愛や友情の美しさを再確認させられる、
素敵な素敵な物語です。ぜひともご家族一緒にご覧くださいませ☆


お告げ:迷の間であまり萌え話が出てこない世玉君。女の本能がマザコン男を回避するからだろうか…。合掌。



▲ このページのTOPへ

COPYRIGHTS (C) AMATERASU ALL RIGHTS RESERVED