HOME MOVIE GUIDE 新・少林寺伝説


新・少林寺伝説


::「新少林寺伝説」のあらすじ::

清朝の時代−。
少林寺と天地会は互いに手を結び、清朝転覆を企てていた。

ある日、少林寺最高の武術家であり反朝廷派のハン・カーロ(李連杰)が帰村すると、
何者かによって村が襲撃を受け、住民が惨殺されていた。
幸いにも、1人息子であるマンティン(謝苗)は助かったものの、
一族は皆殺しにされ、村は壊滅状態となっていた。

この襲撃が、同族であるマン・イー・リンの裏切りであることを知ったハンは、
イー・リンを倒し、息子を連れて放浪の旅へと出ることにした。

街へ逃れたハン親子は、当面の生活のため富豪の用心棒として雇われることになった。
富豪宅では、詐欺師の母娘が財産を狙って富豪の主人に取り入っていたものの、
ハンの抜き目のない監視のおかげで、大事には至らずに済んでいた。

そんなとき、富豪の息子の元に4人の少年が訪れてきた。
イー・リンの襲撃を受けて壊滅した少林寺から、命からがら逃げ出してきた少年達である。
富豪の息子と4人の少年たちの背中には、明朝の財宝の在り処を示す地図が刺青されていて、
この財宝を狙っている朝廷は、イー・リンを使って少年達の居場所を突き止めようとしているの
だった。

この少年たちは、天地会の代表であるチェンに、この地図を伝える使命が与えられていた。
ハン親子は、迫り来る朝廷の兵士たちとイー・リンから少年たちを守りつつ、
天地会本部へと向かうことにした。

新少林寺伝説新少林寺伝説

朝廷の兵士達による執拗な攻撃をかわしつつ、
ハン親子らはようやく天地会の拠点である紅花亭へとたどりつく。
ところが彼らを待ち受けていたのは、毒を飲む修行を積み超人的な力を身につけたイー・リンだった。

ハン親子と5人の少年、そして彼らに協力してくれることになった詐欺師母娘は力を合わせ、
怪物と化したイー・リンに挑んでいく。
そして苦戦の末、見事イー・リンを倒し、少年達は家族の待つ我が家へと帰って行った。

ハン親子もまた、再び放浪の旅へと出発することにした。
ただし今度は、新しい家族である詐欺師の娘レッドビーン(チンミー・ヤウ)をお供に・・・。劇終。



▲このページのTOPへ / 新解説ページへ戻る


COPYRIGHTS(C) AMATERASU ALL RIGHTS RESERVED