HOME >> MOVIE GUIDE >> ハイリスク
ハイリスク / High Risk

ハイリスク ハイリスク ハイリスク

原題 鼠膽龍威 / 香港製作 製作 1995年 / 未公開
監製 王晶(バリー・ウォン)監督 / 楊登魁(ヤン・テンクェイ)製作 / 王晶(バリー・ウォン)脚本
出演者 張學友(ジャッキー・チュン) / 邱淑貞(チンミー・ヤウ) / 周比利(ビリー・チョウ) / チャーリー・ヤン
データ 未公開作品ではあるものの、映画祭上映の際には観客席から拍手喝采が送られたらしい
萌場 ・フランキーが爆弾を踏みつけてしまい動けなくなった場面で、バッティングフォームを魅せるリー
・軽自動車に乗ったままエレベーターに乗り込んでいる時のリーは男前すぎ
内容 テロリストに妻子を目の前で殺された過去を持つ、爆弾処理班のリー中尉(李連杰)は、この事件をきっかけに軍を除隊し、人気アクション俳優フランキー(ジャッキー・チュン)のスタントしてひっそりと暮らしていた。だがフランキーと共にパーティーに出席した際、妻子を殺したテロリストと再会する・・・。
※詳しいあらすじは旧解説ページへ。ネタバレを含みますので未見の方はご注意下さい。
▼ 管理人レビュー
ストーリー:★★★★☆ 萌え度:★★★★☆ 貴重度:★★★☆☆
香港版ダイハードとの呼び声高い、この作品(笑) 。

だってダイハードの香港タイトルが「虎胆龍威」。そして本作の原題が「鼠胆龍威」
たった一字違うだけだけれど、それにしても虎さんと鼠さんですか・・・(笑)

この作品のレビューをあちこち拝見してみました。
意外に(失礼)、評価が高いんですよね。映画祭の上映時には拍手喝采だったらしいですしね。
アクションの派手さと、満載のコメディ、ちょっぴりお色気も含まれているからでしょうか。

たしかに、この作品のアクションはとっても派手で見応え充分!
特にリーが操縦するヘリコプターが会場に突っ込むシーンは、あまりに凄すぎて呆れるほど。
とんでもない破壊力で会場にいる人間をぶちかます&切断する&圧死させる、もぅ大変!
この作品の本当のヒーローは、このヘリコプターなんじゃないかなと思えるほどです(笑)

ツンツン頭の連杰も、とっても男前でした☆
共演のジャッキー・チュンの出番が多くて 、なかなか姿を見ることができない連杰ですが、
さすがにアクションシーンではグッと惹きつけてくれます。

チンミーさんの、ちょっぴりお色気なシーンも素敵ですね♪
おっぱいの谷間が見えたり、チラリと柔らかそうな太モモが見えたり、
なんとその太モモに連杰が吸いついたり(という設定ですが、画面では映してないです)と、
ドキドキさせられてしまいました。

そしてそして、ドクター役のウォン・シウさん。
けっして顔の作りは男前ではないのですが(御免)、全体から醸し出している独特の雰囲気が
とっても素敵なのです!正直、タイプの男です!実はこっそりファンだったりします!(笑)

※BBSで「ビリー・チョウ」について話題が出たので付け足します↓ しゅうさんサンクス♪※

この作品で、ジャッキー・チュンと一騎打ちで戦ってるのがビリー・チョウなのですが、
なんと彼、「冒険王」や「フィスト・オブ・レジェンド」にも出演されてるのです。気づきました?
「冒険王」ではロザさんの部下役で、「フィスト〜」では藤田って名前の日本人役で出てます。
黒髪の長髪でサングラスかけたら、あんなにファンキーな男に変身してしまうとは!

お告げ:ハニーから夜のお誘いを受けてはにかむリー。疲れてるだろうのに頑張る気…?余計なお世話で合掌。



▲ このページのTOPへ

COPYRIGHTS (C) AMATERASU ALL RIGHTS RESERVED